クレジットカード現金化の枠

クレジットカード現金化について調べているとよく「枠」というワードを目にしますが、これはどんなものなのでしょうか?
すでに現金化をしたことがある人ならご存じかもしれませんが、初めて現金化する人の中にはこの枠の意味をよく知らない人も多いと思います。
そこでここではクレジットカード現金化の枠について詳しくお伝えしていきますので、これを機に覚えてください。


はじめにクレジットカードにはショッピングができる機能とキャッシングができる機能のふたつが付いている場合が多く、目的によって使い分けることができますが、ショッピングができるものを「ショッピング枠」、またキャッシングができるものを「キャッシング枠」と呼びます。
それぞれ契約時に限度額が設定されますが、これは申し込み時の希望がそのまま通る場合もあれば少し少なくなってしまう場合もあり、結果はカード会社の審査によって決められます。
ここで決められた限度額がいわゆる「枠」に該当するもので、たとえば「ショッピング枠の残りがいくらあるのか」と言われればショッピング枠として利用できる限度額の残りを指しています。
もしこの枠がなくなってしまうと現金化自体できなくなってしまいますから、はじめに枠が残っているかをチェックしてから現金化してください。

それではショッピング枠とキャッシング枠の現金化までの流れですが、こちらはそれぞれ目的が異なるので当然やり方も違ってきます。
まずショッピング枠のほうですが、こちらはもともとショッピングをすることを目的に作られた機能ですから、本来現金化目的での利用はできません。
これはカード会社側も禁止にしていますし、もしばれてしまった場合は利用停止になるリスクもあります。
ただやり方によっては現金化することが可能で、利用を現金化目的にしなければいいだけなのです。

よくクレジットカード現金化は専門の業者を利用するのが一番良いと言われていますが、これは明らかな現金化目的にならない形で現金化できるからです。
個人でショッピング枠を現金化すると換金率の高いブランド品やチケット系をカード決済で購入し、それを転売するやり方がメインになりますが、この場合ブランドショップやチケットショップ、インターネットオークションなどにそのまま売る形になりますので、明らかな現金化目的に見えます。
数回程度ではカード会社もマークすることはありませんが、頻繁にこの行為を繰り返していると当然怪しいと思われるでしょうし、カード会社もどれが転売されやすい商品なのか把握していますからリスクは大きいでしょう。
しかし専門の業者を利用すると「キャッシュバック方式」という方法で現金化するため、カード会社には一見普通のショッピングをしているようにしか見えませんから明らかな現金化目的には映りません。

このキャッシュバック方式とは、まず業者の指定した商品をカード決済で購入し、その商品についているキャッシュバックを現金で返すというやり方で、転売するわけではありませんから現金化にはあたりません。
もちろん決済は代行業者が行いますので正規のカード決済になりますし、専門の業者が何かを買い取ることもないので何度も現金化できます。
ただし換金率は個人でやるよりも低く、だいたい80パーセント程度が相場になっています。

次にキャッシング枠を利用した現金化ですが、こちらはもともと現金を借りるための機能なのでショッピング枠を使った現金化よりもずっと簡単で、銀行やコンビニのATMからお金を引き出すだけでできます。
ただしこちらも限度額がありますからその範囲内での利用になり、また返済方法について必ず確認しておかなければなりません。

本来キャッシングとは一括返済が原則であり、分割での返済はカードローンと呼ばれていましたが最近では分割払いに対応しているキャッシングも増えているからです。
一括払いしかないとおもっていたけど分割払いもできた、というケースなら負担はありませんが、逆のケースになると一度に返済しなければならない金額が大きくなるので大きな負担になります。
そういったことを避けるためにも利用前に必ず返済方法を確認し、そしてきちんと返済できるか計画を立てておきましょう。

またキャッシング枠を利用するためにはキャッシング機能のついたクレジットカードでなければいけませんので、付いていない場合は利用できません。
もし新たに付けたいのであれば再度申し込み手続きをしなければならず、審査も必要になります。
申し込みは利用しているカード会社のホームページからすることができますし、銀行系のクレジットカードなら店舗でも申し込みができますので、まずはキャッシング機能を付けるための手続きをしてください。
そして自分が希望する限度額を提示して審査に問題がなければその日からキャッシングが使えますから、限度額内で計画的に利用しましょう。
ネット上には多くの情報が出ている為、クレジットカード現金化口コミ等のサイトも参考にしてみてください。