ショッピング枠を現金化

HOME » クレジットカードの仕組み » ショッピング枠を現金化

ショッピング枠を現金化

クレジットカード現金化に関する話題がインターネット上でも頻繁に持ち上がりますが、これはショッピング枠を利用したものを指していることがほとんどです。
本来クレジットカードのショッピング枠は現金化を禁止していて、カード会社にばれてしまうと利用停止になる可能性があります。
にも関わらずショッピング枠を利用した現金化が話題になるのはなぜなのか、ここではそのあたりに言及していきたいと思います。

まずカード会社が禁止しているにも関わらず話題になっているもっとも大きな理由は「明確な基準がない」点にあり、どの行為が現金化になるのか判断するのが難しいからでしょう。
たとえばクレジットカードで新幹線の回数券を購入したけど、必要なくなってしまったのでチケットショップに売った経験がある人は多いと思いますが、これをすぐにカード会社が現金化だと判断して利用停止にすることはないはずです。

なぜなら逐一カード決済した商品をどこでどう使ったか調べるには非常に多くのコストがかかりますし、それではクレジットカードの利便性もなくなってくるからです。
クレジットカードのいいところは現金を持たなくても気軽にショッピングができるところにありますが、間違って購入したものやいらなくなったものを絶対に売ってはいけないとなれば利用する人が減ってしまうでしょう。
つまりカード決済で購入したものを転売する場合、現金化目的かどうか判断するのは難しいのです。

ただし何度も繰り返しやっていると明らかな現金化だと判断されても仕方ありませんから、何度も現金化したいのであれば専門の業者を利用するほうがいいでしょう。
専門の業者なら利用停止のリスクを考えた方法で現金化してくれますし、何度も利用できますので安心です。
やり方は業者によって異なる点もありますから、まずは業者のホームページを見て詳細を確認し、納得してから手続きを開始してください。
そのときに悪質な業者を利用しないように注意しましょう。