現金化の仕組み

HOME » クレジットカードの仕組み » 現金化の仕組み

現金化の仕組み

クレジットカードは今や社会人なら誰もが一枚は持つ時代で、おもにショッピングや飲食などの会計に使われています。
そしてクレジットカードを利用している人の中にはこのショッピング枠を現金にできたら…と思っている人もいるのではないでしょうか?

まずクレジットカードは原則として現金化目的での利用は禁止されており、カード会社にそれがばれてしまうと利用停止になる可能性が高いです。
これはカード会社側が公式に禁止していて、その旨も規約に記載していますからどこのカード会社であっても同じです。
しかしショッピング枠を現金化する方法がまったくないのかと言われればそうではなく、やり方をうまくすれば現金化も難しくありません。
クレジットカード現金化は個人でできる方法と専門の業者を利用する方法の2種類があり、このやり方を知っておけばショッピング枠を利用して効率的に現金にできます。

はじめに個人でやる場合は換金率の高い商品をカード決済で購入して高く売れる場所に転売するのが一番スタンダードな方法です。
たとえばインターネットオークションに出品したり、高く買い取ってくれるブランドショップやリサイクルショップへ持ち込むなどの選択肢がありますので、もっとも高く売れるところはどこか調べてみてください。
ただしこの行為は明らかな現金化目的になりますので、長期間何度も繰り返しているとカード会社にマークされるおそれがあります。
したがって頻繁に利用できる方法ではなく短期的なものと考えてください。

安全に現金化するなら専門の業者を利用するのがおすすめで、この場合カード決済で指定の商品を購入し、そこについてくるキャッシュバックをもらうという形で現金化します。
カード決済のときには決済代行業者が間に入りますから、傍から見ると普通のショッピングにしか見えません。
どこかに転売するわけでもないのでこの仕組みならカード会社にばれるリスクは低く、何度も利用できるでしょう。