現金化の換金率

HOME » クレジットカードの仕組み » 現金化の換金率

現金化の換金率

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化をする場合、特に気になるのが換金率だと思いますが、これはどのくらいが相場なのでしょうか?
まずショッピング枠を利用した現金化には個人でやる方法と専門の業者を通してやる方法の2種類あり、それぞれ特徴も違いますし換金率も違います。
個人でやる場合は手数料や諸経費などはかかりませんのでだいたい95パーセントから98パーセント程度の換金率になると言われており、専門の業者を介してやる場合はだいたい80パーセントが相場になっています。
したがって純粋に換金率だけを見るなら個人でやったほうが断然お得ですし、専門の業者を通してやるのは意味がないことのように思えるでしょう。

なぜ個人で現金化するとここまで高い換金率が可能なのかと言うと、先ほどもお伝えしたように手数料・諸経費がかからないことも関係ありますが、高い換金率の商品が意外と手に入りやすいのが大きいです。
たとえばクレジットカードで購入できる高い換金率の商品と言えば新幹線の回数券がよく知られており、これはチケットショップへ転売すればだいたいどこでも95パーセント以上にはなるでしょう。
そのほかにもブランド品などは買取価格が高いので換金率も当然高くなるのです。

しかし覚えておかなければならないのがクレジットカード現金化はカード会社が禁止しているという点で、これがもしカード会社にばれてしまえば利用停止になってしまいます。
そうするとその後クレジットカードの利用は制限されてしまい、使うことができなくなりますからこれまでのようにショッピングをすることもできなくなります。
しかし専門の業者を通して現金化すれば利用停止にならない方法でやってくれますので安心ですし、そこに業者の価値があるのです。

つまり換金率は個人でやるほうが高いですが、繰り返し現金化するなら専門の業者を通したほうが良いですし、利用する側も気兼ねなく現金化できるはずです。