現金化は法律違反?

HOME » クレジットカードの仕組み » 現金化は法律違反?

現金化は法律違反?

クレジットカード現金化について話題が上がるとしばしば法律に関する疑問の声が聞こえてきますが、実際これはどうなっているのでしょうか?
ここではクレジットカードのショッピング枠を現金化することによって法律に触れ、裁かれるのかを検証していきたいと思います。

はじめに答えから言うとクレジットカード現金化することによって本人が裁かれることはなく、法律違反にはなりません。
警察の捜査対象になったり逮捕されているのもすべて業者側で、しかもこれは悪質な業者に限られているため、利用者がその対象になったことはないのです。
なぜなら現在クレジットカード現金化には法規制が敷かれておらず、利用者を裁く法律がないからです。
ではなぜ業者が捜査対象になったり逮捕されているのかと言うと、これらの業者はすべて還元率が極めて低かったたり、お金をだまし取ったりした詐欺行為があったからです。

ただ先ほどもお伝えしたようにクレジットカード現金化は明確な法規制がない分、消費者金融などの貸金業でお金を借りるよりも注意が必要なのは間違いありません。
そこで重要になるのは業者の選び方で、これは消費者金融以上に慎重になる必要がありますから信頼できる専門サイトなどを利用して老舗と言われるようなところをメインに利用してください。

また法律違反にはならなくてもクレジットカード現金化はカード会社が規制していますので、ばれてしまうと利用停止になる可能性が高いです。
特に個人でインターネットオークションに転売したりすると明らかな現金化行為にあたりますし、頻繁に繰り返していれば当然マークされるリスクも高くなるでしょう。
専門の業者を利用するメリットは利用停止を回避できる点にあり、キャッシュバック方式と言って指定した商品を購入させてその商品に付くキャッシュバックを与える形で現金化します。
そうすると一見通常のショッピングをした形になりますから直接的な現金化にはならず、利用停止になるリスクも下がるのです。